葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れをご紹介します。

1.ご臨終

病院でご逝去された場合は、病室から霊安室へ移されます。
また、故人様を搬送するために「死亡診断書」が必要となりますので医師より発行してもらいます。

2.ご遺体の搬送

病院や施設などから、ご自宅まで寝台車にて搬送いたします。故人様をご自宅に安置できない場合は、通夜・葬儀を行う斎場や保管施設への搬送いたします。病院などで亡くなられた場合、霊安室から数時間以内にご移動を求められることも多いため、お迎えのための寝台車を手配する必要があります。

3.枕飾り・葬儀打合せ・納棺

病院から自宅などに搬送したご遺体は通夜までの間、「枕飾り」(簡易な祭壇)を整えて安置します。

4.葬儀打合せ

依頼される葬儀社と葬儀の日程や場所、葬儀の内容などの打ち合わせを行います。あわせて、菩提寺に連絡し、葬儀の相談をします。

5.納棺

末期の水、死化粧、死装束などを行い、柩に納めます。

6.通夜

通夜は、本来は、葬儀式・告別式の前夜に、遺族・親族などの故人をよく知る人たちが集まり、夜を徹して遺体に付き添い、線香と蝋燭の灯を絶やさずに棺を守り、故人を偲んで別れを惜しむものです。
しかし、最近では通夜にも一般弔問客を迎え、2時間程度で通夜の法要を行い、終了することが多くなっています。

7.葬儀・出棺

通常、通夜が明けた翌日の日中に、葬儀式と告別式を行います。お別れの時間では、皆様により棺のなかにお花を供え、故人との最後のお別れをしていただきます。ご遺族は、棺に入った遺体とともに遺族は葬儀式場火葬場へ向かいます。

8.火葬

火葬を行い、近親者にて骨上げを行います。火葬後、埋葬許可書を受取ります。

9.精進落とし・初七日法要

葬儀の当日に遺骨迎えの法要と併せて、僧侶をはじめ、ご葬儀に会葬頂いた皆様への感謝として、会食の場を設けます。
最近では、葬儀当日の法要を繰り上げ初七日法要として、執り行うことが多くなっています。

10.葬儀後の諸手続き

ご自宅に後飾り祭壇を設置し、ご遺骨を安置・追悼します。一般的な仏式葬儀では、死亡した日から49日目に四十九日法要を行います。

やっぱり!? 絶対に避けたい失敗例

失敗談1

安いと思って依頼したら見積もりの段階で倍以上の金額に…

追加オプションをご希望の場合は、必ずお打合せのうえ決定させていただいておりますので、過度なお見積りはございません。

失敗談2

過剰なトークで勧められて当初の希望とは違う葬儀に…

故人様、ご遺族様のご希望をお伺いして、ご満足のいく葬儀をご提案させていただきます。

失敗談3

事前相談をしていなかったのであわてて決めて後悔した…

急なご不幸など、事前のご相談のない場合でも葬儀の趣旨やご予算をお伺いして、解りやすく適切なご提案をさせて頂きます。
すいれん公式Facebook
トップ葬儀プラン葬儀会館供物葬儀の流れ

心のこもったお葬式 すいれん

〒730-0822 広島市中区吉島東1-20-19

フリーダイヤル:0120-62-1194

TEL:082-545-5810

FAX:082-545-5811

↑ページの先頭へ